酵素ドリンク作ってみる

朝食に白米に発芽米を混ぜて炊いたご飯に梅と昆布を混ぜたおにぎり。

お茶はフレーバーライフで買ったゴボウ茶!!

酵素ドリンクを作ってみました。まだ作ったばかりなので出来上がっていません。

白砂糖でないと発酵しないと言われたりしますが、使いたくないなと思って挑戦しなかったのですが、きび砂糖で作ってる方がいてやってみました。

酵素は人間の身体に欠かせないとよく言われますが、根拠をいろいろ調べると、いろんな見解があり、調べだすとキリがない(・_・;

何かしらは栄養はあるでしょうから、まあ〜美味しいからいいんじゃないの❣️

フルーツは農薬を除去する為にしっかり洗った方が良く、重曹でとか、塩水でとか〜

お腹に赤ちゃんがいた頃は、神経使ってましたが、子供も健康に育ち自立してくれたので、もうあまり気にしていません。

もう人生も半ば以上過ぎたから、まっ気づいたらで。

農薬、添加物、遺伝子組み換え、地球の食生活は散々な体験をさせられます。

酵素ドリンクが出来上がるまで待ち遠しい(≧∀≦)

泡がブクブクだったら発酵し始めた証拠らしいとな!

まだまだです( ̄▽ ̄;)

庭のセージを乾燥して

庭になったセージを乾燥させ、部屋の浄化に使ってます。

浄化用乾燥セージはカリフォルニアとかネットでも手軽に購入出来ます。

セージの葉は夏にフサフサに増えてきますので、自分で熱い時期に乾燥させて作ってみました。

香りもそこそこあり、結構大丈夫でした👌

本来は日陰で乾燥させた方が香りも飛ばず良いそうで、電子レンジちん!でも一瞬で早乾燥出来るのでしょうが、敢えて自然の太陽🌞のめぐみにお願い🙏して、カリカリにしてもらいました。

日々小さなことを積み重ね、いつかターシャデューダのような生活を夢見ているこの頃(⌒-⌒)

梅を干し、やっと完成‼️

↑ 6月に漬けて、梅雨明け8月初旬に干し始めの梅干し、みずみずしいです✨

↓ 田舎ではないので、外に干すのはちょっと心配!、自然の多い田舎だと3日くらいで良いみたいですが、家の中の出窓なので1週間間干しました。乾燥が進むと塩が浮いてきます。白カビみたいに見えますが、塩です‼️

塩抜きをしました。ひとつまみの塩をボールに入れ🤏、3時間くらい起き、まろやかな味になりました。玄米に乗せて😋

ハーブ活用🌿少しずつ努力

いつの間にワサワサ育っていた、ハーブ。

セージ、ローズマリー、セントジョワンズワートの葉を洗って乾燥させる事に。

セージやローズマリーは肉や魚の匂い消しに、使ったり、ハーブティーにも。

セントジョワンズワートは、西洋弟切草で、

ずっと以前、出産後、化学繊維の腹巻を巻いていたせいか、痒くてブツブツでき、病院の薬で痒みは治らず、母が近所のおばさんから、弟切草の焼酎漬けを貰ってきた。

一発で治り、もう10年以上もそれを記念にとっていたと母に話したら、つくってくれたのを貰い、冷蔵庫にしまってあったのを思い出した。

痒みやキズに塗るといいよと。

効能は、鎮痛、鎮静、消炎、殺菌、抗菌、抗ウイルス、などあるが、西洋弟切草は強いので、内服は注意が必要。

ハーブティーの飲み過ぎは注意。

抗うつにも良いらしいとあるが、薬品としては副作用もあるとのこと。

葉をハーブティーとして多少飲むには良いが、妊婦さんはダメなのです。

昔の人は、薬になるような植物の食べ物などは、農家の熟年の人が若い人達に伝え、体験しながら扱っていた。

今は色々調べればどこかに書いてあるけれど、どこか具合が悪いからと、わざわざ自然の葉を取り寄せる人など少ないだろう。

薬だったら薬局やお医者さんでないと扱えないのだから。

私が病気になりにくかったり、なってもすぐ完治したり、何を食べれば健康維持できるという知恵は、そう言った親が色々教えてくれたからというより、そういう生き方を見て育ったから。

セントジョンズワートのサプリメントもあるらしいですが、出来るだけ私は自然のままのハーブティーで取り入れたいなと。

やはり、自然の土と水と種から、育てたものは生命のエネルギーを頂けるので、ハーブ、頑張って育てたい。

梅にハマってますwwww

9日前に漬け始めた梅、良い感じになってます。

梅酢漬けを作ろうと、リンゴ酢と沖縄の赤砂糖少しを入れ、丁度一週間経ちました。

更に、梅干しをもっと増やしたく、紫蘇漬けも作ろうと、南高梅と、赤紫蘇も隣にあったので〜、赤紫蘇は時期を逃すとなかなか売ってないのです。

眺めてるだけでなんか楽しい❣️

初めての梅干し作り

無農薬を扱ってる「坂の途中」の通販で、玄米、梅2キロ、ベトナムの綺麗な海でとれた塩を購入し、早速梅干し作りをします。

無農薬の梅は不揃いですが、こういう自然な感じで個性的な梅達が好きです。

梅は洗いながらヘタをとり、布でしっかり拭いてから、瓶に交互に梅2キロと塩400gを入れ、丁度たっぷりになりました。

ネットで調べ、1キロに対し200〜180gが良いとの事、塩がそれ以下で少ないと傷みやすいとか。

こんな簡単にできて良いのかしら?

シソを入れようかと思いましたが、とりあえずはこれで!

暫く経ったら、天日干しで殺菌です。

楽しみ❣️

お肉をやめ発芽玄米にハマる

玄米を挑戦するのに、慣れるため、発芽玄米と白米を半々に炊いて、出かける時におにぎりを作る事が多くなりました。

牛、豚肉をやめたら、玄米が美味しくなってきた。

鳥はたまに食べてたけど、鳥も食べたいと思わなくなってきた。

タンパク質は卵、魚介類、豆類、チーズなどで取れる。

こてこてのビーガンを目指してるわけではない。

家族も影響し、子供達家族も真似し始め、パートナーはあんなに肉食だったのに、肉を買わず、魚を買ってくるようになってきた。

不思議、人って影響受けますね

自然の恵みを意識し、シンプルで健康的な食生活を考えるようになったのも、お腹を壊してからとコロナ自粛生活の影響。

環境は人を変えるもの。

梅と鰹節とすりゴマと味噌を混ぜておにぎりにして、集まりで人に食べてもらったら、美味しいと❣️

素朴で簡単で健康的に栄養が取れる。

朝づみのハーブティー

今朝少し雨が降ってまして、しっとりした気候です。

プランターのセージの葉も丁度良く育ってます。

セージは薬用サルビアと呼ばれ、古代から、病気の治療に用いられ、頭痛、傷、喉の感染症にうがい済として、また神経作用があり、感覚や記憶力などにも、人々の生活に尊ばれてきました。

葉は油の多い肉料理にも、香りづけや消化促進に、少量用いられたり、乾燥させて、火をつけて香りを浄化に使用したり、色々な使い方があります。

セージの種類もそれぞれあり、抽出した精油クラリセージは女性特有の月経困難症や更年期などの良いとされ、アロママッサージなどにも好まれます。

妊娠中は刺激が強いので、多量服用は控えなければなりません。

朝づみのハーブティ!